結婚写真に残す愛の証|永久に残す愛のカタチ

種類が豊富

金額や価格はどうなっているか

結婚写真のみの結婚式であるフォトウエディングを行う人は多くいます。結婚式や披露宴で写真撮影する場合は、そのお値段は披露宴の費用に一括して含まれていることがほとんどです。前撮りは、5万円程度から20万円以上かかることもありますが、スタジオ撮影や好きな景色の中で撮影するロケーション撮影がありますので、それによっても値段が違いますが、ロケーション撮影ですと一般的に高額になります。フォトウエディングについては、5万円程度のところから会食も含めて何十万円かするところもあります。挙式や披露宴をすると多額の費用が必要になりますが、フォトウェディングは低費用で行うことができます。

結婚写真の歴史や変遷について

写真は、明治時代に西洋より日本にもたらされました。その頃は家と家出の結婚でしたので、結婚写真は記念に撮影する人がいました。昭和時代になるとほとんどがお見合い結婚でしたので結婚写真における関心も高いものでした。結婚式が現在のような形になったのは戦後、西洋式ウェディングが日本に定着してからのことです。結婚写真についても大きな披露宴の中で撮影されるようになりました。バブル崩壊以降、これまで企業コマーシャルを撮影していた腕のいいカメラマンが、企業の広告費の激減により結婚写真の分野に進出してきました。ですから現在でも結婚写真の質はとても高く維持されており、プロのカメラマンにお願いすることで満足のいく写真を撮る人が多いです。